So-net無料ブログ作成
検索選択

麻里圭子 その魅惑と秘密 スキャンダルの真実を語る [魅惑と秘密]

 

               魅惑の秘密    第一章

 

 

s47年  週間平凡パンチ     グラビア

スキャンダラスな麻里圭子

その魅惑と秘密

 

 すべてお話し致します。

 

波打つ        (高等科の作品)

 

 

 

23時ショー    カバァーガールの初日   

  平凡パンチ グラビア ヌードでは有りません

 25歳  

最後のレコード 告白 のキャンペーン大阪の放送局にて

       

詳しくはプティ・マミをクリック

 HMV   AMAZON  TOWER.jpでネット販売しております。

プティ・マミ  21世紀のこども歌  ソフトロック・ドライヴィン空と海とわたし

元土龍団の濱田高志様からメールを頂きました

musicsheifnの取材をお受けになり、記事がアップされました。

土龍団ヒストリーの物語から現在のご活躍の復刻に、懸ける情熱

を是非ご覧になってください!!圭子の恩人です

 

HMV  東京   神奈川各店頭にて販売   発売日 3月11日

ヘドラ&Miki-T&かえせ!太陽をCD & ボックスにて100個

詳しくはMiki-Tをクリック

 

CCP通販・Ver・200個・ヘドラ&Miki-T BOX

  LED 入りドールアイ仕様

CCP通販  24日(土曜日)から予約開始

詳しくは、Miki-Tをクリックしてください 

  ファミマ・ドットコム で、予約出来ます!!

Miki T   「ゴジラ対ヘドラ」 サイケデリックシーン 富士宮ミキ

CCPで、予約販売しております!!

 

         ゴーゴーガール 富士宮ミキ


nice!(1)  コメント(55)  トラックバック(459) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 55

麻里圭子

s47年、春に担当ディレクター深井さんから、言い渡されました、お言葉は
「ビクターから東京レコードへの移籍のお話しでした。」東京レコードとは、
TBSの子会社で、レコード会社を設立致しまして、専属歌手第1号として
迎えるとの事、圭子は、このお話は、有る意味とても良いお話だと思いました。ビクターは、大手のレコード会社、タレントも歴史も有り、中堅で、
ある圭子も、大切にして頂きましたが、何故かビックヒットに恵まれず、
悩める日々でもありました。深井さんが、何故圭子を手放したか!?実は、デビュー以来、圭子にボーイフレンドが、出来る度に、「男を取るか、仕事を取るか!?」結果的に圭子は、仕事を取り、恋を燃焼出来ないまま、素直にディレクターの言う事にしたがって来ましたが、圭子も24歳になり、この恋だけは、捨てる事は出来ません!!始めての口答えでした。つづく
by 麻里圭子 (2007-02-03 21:37) 

星空

麻里さんこんばんは、今パソコン開きますと丁度新コメントが有りましたので、書き込みさせて頂きますが、画像を観てビックリしました。 実はこの画像はこの平凡パンチから画像をパネル式にして我が家のパソコンの前に2年前から置いていて毎日眺めながらパソコンの前に座っております。
有る意味一日の仕事が終わり、私の幸せな時間に麻里さんの画像に毎日お目にかかります。 本当に麻里さんは美しいだけではなく、不思議な魅力が有りますね。 ビクターから東京レコードにですね、第一号とは凄いですね。有る意味麻里さんは当時から本音で生きてた数少ないアーチストだったのではと思いますが、私はそのような麻里さんに更に惹かれます。
ここのところ本当に冷え込みが激しいですので、風邪等にお気を付けられてお体を大切にされて下さい。
                     -星空-
by 星空 (2007-02-03 22:24) 

麻里圭子

星空様
今晩は、これからは、圭子のページにて、大切な過去のお話を致しますので、宜しくご観覧くださいませ。それにしても、圭子が、大事にしていました、この、グラビアをパソコンの前に置いて頂いているとの事、圭子は、何と
幸せ者でしょう!! 圭子もお気に入りのグラビアです。この撮影は、箱根の古い洋館建ての小さなホテルに籠もり、ヘアーメークさんと、カメラマン、
編集者、圭子のマネージャーと夕方から、次の日の朝早く、起きて撮影して、東京に14時ごろ帰って来ました。夜中は、雨が降りとても山の中で、怖く、自分のお部屋では眠れそうも無く、皆さんと一緒に仲良く仮眠を取った覚えがあります。懐かしいセピア色の思い出です。
良い週末をお過ごしくださいませ。 麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-03 23:00) 

tokyorio

ブログの本格運営がんばってください!

引き続き貴重な芸能界時代のお話をぜひ期待しています。
今後もよろしくお願いします。
by tokyorio (2007-02-04 00:06) 

麻里圭子

tokyorio様
早速コメント頂き有難うございました。
圭子の心の奥に、秘められた、真実を時間をかけコメントして行きたく
思っております。圭子のブログの父、「tokyorio様」ここまで育てて頂き
心からお礼申し上げます。これからも、宜しく御願い申し上げます。
麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-04 00:37) 

池森

(*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^O^*)バ(*^_^*)ン(*^O^*)ワーー!
麻里様、読んでおりますよ('-^*)/
by 池森 (2007-02-04 02:10) 

麻里圭子

池森様
今晩は、お出で頂き有難うございました。
スキャンダル!!と言われた、
お話しを、圭子自身が、真実をコメント致しますので、
最後まで、お付き合いくださいませ。
お待ち致しております。
麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-04 02:55) 

麻里圭子

s46年のプティ・マミLP、とジェルジェのシングル盤が、発売された頃
5月~6月の間に、深井ディレクターさんから、「男を取るか?仕事を取るか?」と聞かれ、圭子は、恋を大切に致します。圭子のその言葉を聴き
担当ディレクターは、圭子に、み切りを有る意味、着けたのだと思います。
その後の、4ヵ月後ビクターでは、最後となった曲、ら・どんな銀座は、
深井さんではなく、佐々木ディレクターが、担当いたしました。けれども
圭子の曲の中で、深井さんでは、無くレコードになった作品が多く、サインはV、かえせ!太陽をは、ビクターの教養部(童謡)として発売され、
21世紀のこども歌は、長谷川 誠ディレクターが、担当しておりましたので、
余り深く深井ディレクターの心の動きを察知する事が出来ずに、この頃は、
モデルの仕事が中心になり、お仕事をしておりました。波乱万丈つづく
by 麻里圭子 (2007-02-04 16:03) 

麻里圭子

圭子のスキャンダルは、意図的に作られた者が有りました。s44年
ニューヒットスコープ 日テレの初代司会の黒沢久雄さんと、健康的な
太陽と芝生の上に、白いお洋服で、恋人同士の様に、グラビア用の写真を撮り、番組の宣伝のお仕事でした。圭子に、とっては優しいお兄ちゃんでした。 そして45年に小倉で、貸しビル業をなさっていた、Kさん、青年実業家でした。また小倉に大きな、ラスベガスのような、クラブも経営しておりました。圭子が「接吻泥棒」を歌っていた頃、麻里圭子ショーで、お世話になり、その時楽屋に、Kさんが、いらっしゃり、初めは、まだ若い方でしたので、クラブの支配人かと思い「このお店の社長さんは、どんな方ですか!?私です!えぇ~ビックリ致しました。「小倉のふぐは、美味しいですよ!」食いしん坊の圭子とマネージャーはK社長にお食事をご馳走に成りました。つづく
by 麻里圭子 (2007-02-05 02:51) 

麻里圭子

この小倉で、お逢いしたK社長は、東京に貸しビル業を丁度、計画していたところでした。それからお仕事で、東京にいらした時は、久保 浩さん、など
同じプロダクションのタレントさんも、一緒に、お食事、銀座のクラブ、深夜には、ゲイバーなど、皆様と楽しく遊んだ事を、圭子は良く覚えております。
そんな時どうして決まった事なのか、分かりませんが、週間明星のグラビアで、K社長と圭子の六本木のクラブで、ラブラブの状態で、撮影は、行なわれました。そして表紙には、「麻里圭子 青年実業家と婚約へ!」!?次の週には、圭子が、小倉に伺い、K社長のお母様に、ご挨拶、圭子が、小倉に着く前に、もう週間明星のK社長のインタビュー、取材は終っておりました。2週間に渡り記事が紹介されました。圭子の事務所は大人になる為!K社長も計画どうり、その記事を持って東京に乗り込んで来ました。つづく
by 麻里圭子 (2007-02-05 20:06) 

麻里圭子

K社長は、その2冊の週刊誌を東京のこれからお世話になる、銀行に
取引を御願いに行く時、プロフィールとして、全ての紹介が、載っている
週間明星をお見せして、融資を受け、s45年の秋頃には、もう赤坂御所の前に、1件目のビルが、建ちました。そして秋には六本木の交差点アマンドを右手に真っ直ぐ坂を下り直ぐの所に2件目のビルの建設は、始まっておりました。その頃六本木でも、一坪100万位で、買えた時代でした。圭子は、その頃「ゴジラ対ヘドラ」の撮影に入っておりましたので、2人だけで、お逢いする事は、月に1回位でした。信じては頂けないかも分かりませんが、K社長とは、プラトニックラブでした。六本木に住む圭子に、彼は、毎日24時ごろ電話を、小倉から架けて来ました。最初は、白馬に乗った、王子様が、現れたと思いましたが、圭子22~23歳の幼い恋でした。つづく
by 麻里圭子 (2007-02-06 20:55) 

池森

リアルですね…。
by 池森 (2007-02-06 22:03) 

tokyorio

「麻里圭子 青年実業家と婚約へ!」何とも興味をそそるタイトルですね(笑)
いつの時代もスキャンダル話は、どれが本当でどれが嘘なのかわかりませんね。やはり真相を知るのは当人だけですね。
続きを期待しています。
by tokyorio (2007-02-06 22:06) 

麻里圭子

池森様
今晩は、K社長は、圭子より16歳上の38歳仕事一途の独身貴族でした。
時代が良かったのだと思います。昭和元禄と言われ、売買ゲームで土地が、上がって行く時代でバブルよりも、しかしたら、良い時代だったとおもいます。ですので、彼は、銀座、赤坂、六本木に、数えて観た事は、無いのですが、100件ぐらいの貸しビルを持っていると思います。バブルが、弾けた時、安く中古の経営破たんした、自社ビルなどを、かなりその時に殖やしたみたいです。犠牲にしているものは、愛・・・・何よりも、圭子を自分のビルの前に連れて行き、私の可愛い子供です!!と何時も銀座、六本木を歩きながら、愛おしそうに、眺めておりました。圭子には、次に逢うまでに、好きなお洋服を作りなさい!さりげなく家の前まで、送ってくれました。つづく
by 麻里圭子 (2007-02-06 23:48) 

麻里圭子

tokyorio様
今晩は、週刊誌は、完全に決まりの時は、「誰々が婚約!!」と見出しを
書きます。懐疑的なものには、「婚約へ!」これ今でも使い分けておりますので、今度、タレントさんの、記事を見たとき直ぐ分かると思います。
「藪の中」でございます。

このお話しは大変面白く、時代背景が、若い方にも、バブル前に、こんな
時代が有ったと云う事を知って頂ければと思っております。
リオ様コメント有難うございます。
おやすみなさい
麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-06 23:59) 

麻里圭子

今の圭子の歳に成れば、最高のボーイフレンドだったと思います。
しかし22歳で、欲しいものは、物やお金ではなく、逢いたい時に何時でも
逢う事が出来、寂しい時に何時でも側に、居てくださる方の方が、どんなに
幸せを感じるか!!圭子が、一番この恋で、分からなかった事は、K社長の本心が、最後まで、分かりませんでした。お母様を安心させる為に、圭子に会わせたのか!?その時は、取材の方、その他の方は、入れず。3人だけで、確かに楽しい一時を過ごしたのですから!ただ300坪のお屋敷に、お手伝いさんも、置かず、お母様お一人で、お掃除をしている事、生活費など、本当に、普通の家庭より、確りと清貧の心で、暮らしていらっしゃる事を、お母様は、圭子に語り続けました。彼は、微笑を浮かべながら、二人のお話を聞いておりました。こんな家に嫁ぐと云う事は大変かも!?つづく
by 麻里圭子 (2007-02-07 21:44) 

麻里圭子

愛とは、何と美しく、また苦しいものなのか!?同じジェネレーションなら、もっと気楽に、何のためらいも無く、誰に遠慮する事も無く、その頃流行っていた、「同棲時代」・・・・ささやかな二人だけの秘密の生活が、出来たのかも知れませんが、K社長は、いずれ、東京に会社の本社を移し、家を建て、そらから結婚と云う、順序を、考えておりました。それまでは、何事もなく、遊んでいる時も、銀座のホステスさんと、お話していますと、貴方は、お客なのですから、貴方から、ホステスさんに、お話をする事は、有りません!!圭子に、色々な事を教えてくださいましたが、遊びにいっても、何故か、心から楽しいと思えなくなっておりました。そんな2人の間に、忍び寄ってきたある人物が、おりました。婚約へ!の記事を見たときに「おめでとうございます」と圭子に電話をくださった方でした。問題のお坊ちゃまでした。
by 麻里圭子 (2007-02-07 22:53) 

麻里圭子

田園調布のお坊ちゃまとは、当時ゴーゴー ディスコでは、最高のクラブ
赤坂のビブロス、バブルの時のマハラジャ見たいな、お店が、客を選んで
、中には、めったにお逢い出来ない、超セレブの方々が、お遊びに来ておりました。また地下には、誰でも入れる、「ムゲン」があり圭子は、そこのお立ち台で、踊るダンサーの踊りを、「ゴジラ対ヘドラ」の中のサイケデリックシーンで、富士宮ミキが、踊っていたゴーゴーは、「ムゲン」で、勉強いたしました。 お坊ちゃまの名は、Iさん、或る日事務所の女の子と、夜遅くビブロスに遊びに行った時、平尾昌章(字が違うかも分かりません)園まりさん、千 昌夫さんと、偶然お逢い致しました。Iさんは、平尾さんに、銀座のクラブをオープンさせる時、プロディースを御願いしたご縁で一緒にビブロスに来たそうです。園 まりさんも、Iさんとは知り合いで、ノリノリの合コン!???
by 麻里圭子 (2007-02-08 16:36) 

麻里圭子

s45年には、「合コン」と云う言葉はまだ、有りませんでした。
ただ何となく、気が合った仲間たちが、何となく一緒に飲む、そんな時代でした。千昌夫さんは、その時から、金髪の美女にしか、興味がないょうで、
一人、ビブロスに残り、5人で、青山のサパァークラブに行き、かなり遅い時間まで、楽しい時間を過ごしました。その時、家まで送ってくださったのが、
Iさんでした。事務所の女の子が、一緒だったので、家に上がって頂き、3人で、夜明けのコーヒーを飲み、Iさんは、帰って行きました。Iさんには、電話番号を教えていなかったのに、何故、週刊誌を見て、婚約おめでとうございます!と電話をして来たのか、不思議に思いお聞き致しましたら、古い黒電話には、電話番号を忘れ無い様にに回すダイヤルの真ん中にご丁寧に電話番号が書いて有ったのを、Iさんは必死に覚えて帰って行ったのです。つづく
by 麻里圭子 (2007-02-08 21:19) 

麻里圭子

それから、I さんからの、電話攻撃は、尽きる事無く続きました。
世間話から芸能界のお話し、この方のご兄妹は、s35年代~s43年の
モデルをなさっていて、美人の2人の妹さんがおりました。長女の方は、
コカコーラーの今でも印象に残る黒い大きな帽子をかぶりコカコーラを手に持ち、ポスターで、s36~7年によくお見かけしておりました。またこの妹さんが、嫁いだお家は、政界の絹のハンカチと言われた、今思うと、
「華麗なる一族」だったかも!!次女の方も、銀座に幾つも支店を構える
老舗の洋服やさんに、嫁いでおりました。お父様は、田園調布に家を構え
浜松町で、貸しビル業をしておりました。I さんは、お父様と上手く行かず
家を出て、結婚して、赤坂のレストランと銀座のクラブを経営しておりました。彼を温かく支えていたのはご家族では、お母様だけでした。つづく
by 麻里圭子 (2007-02-09 11:44) 

麻里圭子

I さんには、良くお食事に誘われました。しかし余り好きなタイプでは、
無いので、ズートお断りしておりました。今考えて見ると、
俳優の「もこみち」に良くにておりました。イケメンですが、圭子は、最初は、
全く興味の無い方でした。しかし、押しの一手で、k社長との「婚約へ!」
の記事を見て、おめでとう!と言いながら、電話攻撃は、日増しに激しくなりました。

丁度K社長に、圭子は、どう愛されているのか、不信の時を毎日過ごして
おりましたので、圭子にとっては、魔の時だったのかもしれません!!
今となっては、I さんが、圭子の前に現れなかったら、また人生が違った
方向に歩んでいたのかも知れません!!つづく
by 麻里圭子 (2007-02-10 00:00) 

麻里圭子

まさに、「ゴジラ対ヘドラ」の撮影のお休みの日にI さんから電話が、入り
圭子の住む六本木の家近くまで、来ているので、お食事だけ付き合って
!歩いて直ぐの圭子の行きつけのお店で、I さんと会い何となく、お食事して、約束どうり2時間で圭子は、家に帰って来ました。I さんは、お逢い致しましたら、非常に、グルメで、電話の押しの一手とは、違い、赤坂の自分の経営するレストランの話し、銀座のクラブの話を、楽しそうにしておりました。そして、帰り際に、今度、僕のお店に遊びに来ませんか!?圭子は、笑顔で有難うございます。ではまた!さようなら圭子は、I さんとは、会うことは無いと思いながら、家路に着きました。それよりも圭子は、K社長が、言った「一つだけ、圭子さんに、承諾して頂きたい事がある!」謎は謎を呼び、この、秘密めいた言葉が、最後まで圭子を苦しめました!!つづく
by 麻里圭子 (2007-02-10 22:48) 

nscnagoya

遠い記憶が戻ってきた様な気がします。
麻里圭子さんがいつの間にか私の前から消えようとしていた頃、何かの記事に麻里圭子さん自身の言葉として、
「私は純情で売り出したけど、実はまったく違います。」
と言った内容の話が出ていたような気がします。
だから歌を止めるのか、違った方向の歌を歌うのかそのときの結論は覚えていません。
麻里さんのこの後の展開がとても気になります。
by nscnagoya (2007-02-11 22:02) 

麻里圭子

nscnagoya様
今晩は、圭子の生まれ育った頃は、もの心付く頃には、女子は、お嫁さんに、なる為の教育を、ほぼ毎日、結婚したら、男の方を、お台所に入れては、いけません!その頃は、ベットでは、無い時代でしたので、お布団を
旦那様に敷かせたりしては、いけません。結局、圭子は、何時も結婚する事が、一番幸せになれる事だと、思う女の子に、育っておりました。
22歳の頃までは、本当に青い林檎と、言われておりましたので、
ある意味、何も知らない様な振りをしていた事も事実です。
何時・何処で・誰と!?????この答えは、必ず何時かお答えいたします。圭子にとって「誰でも通る林檎の憂鬱」を素直に語って往きたいと思っております。コメント有難うございました。麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-11 22:37) 

麻里圭子

K社長の「承諾して欲しい事!」何度お聞きしても、答えては、くださいませんでした。こうも言われました。圭子さんは、芸能界、僕は実業家です。
もし結婚して、直ぐ離婚する様な結婚は、出来ません!!
この言葉に、圭子は、何か特別な、この方には、秘密が有るのかも知れないと、思いました。叔母と相談して、もしかして、子供が居る!?それとも
結婚しても、別れる事が出来ないお妾さんが、居る!?それとも OO!?
何時間かけて、叔母と話し合っても、謎は、解けませんでした。或る日、
K社長の東京の、宿泊のホテルに叔母が訪れ、このお話しを、一日も早く圭子に、言ってくださいませんか!?どう理解したら好いのかとても、迷い苦しんでいる事を伝えて、答えは東京に家が建った時にお話しいたします。それまでは、この事は、お話し出来ません!!不信感がいっぱいでした。
by 麻里圭子 (2007-02-11 23:02) 

麻里圭子

そんな不信の時に、またI さんから電話が、有りました。秋も深まり、一人で、居る時の寂しさに、つい、お逢いする約束をしてしまいました。しかし、その約束の日の翌日は、圭子は福岡で、仕事が有り福岡で、K社長にお逢いする日でもありました。I さんの赤坂のレストランに誘われるまま、お食事に伺いました。ローストビーフが、とても美味しいお店でした。そのお店には、美しいマダムがおりました。お食事が、終わりマダムのご挨拶を頂き、その後 Iさんの経営する銀座のクラブに伺いました。その後当時、流行っていた、ミニクラブ「徳大寺」により帰ろうとした時圭子は、凄い腹痛に襲われました。Iさんは、直ぐ薬局により、お薬を買って来てくださいました。中々腹痛は治まらずI さんの代官山の事務所で一休みして家に着いたのは、24時過ぎておりました。K社長から電話が有った時圭子はまだ外先でした。
by 麻里圭子 (2007-02-12 23:34) 

麻里圭子

I さんは、とても優しくまた、紳士として圭子を家まで、送って、くださいました。そして、午前1時ごろ、K社長から、電話が入りました。24時ごろ電話に、出なかった事を、何となく疑っておりました。いつも家に居る時間なのに
、何処へ行っていたのですか!?お友達のお家に遊びに行っていました。
「ごめんなさい。」「怒っている!?」「許して!」まるで、プティ・マミの様に
言い続けました。まあ良いです、明日約束の時間にお待ちしてます。電話は、切れました。圭子は、ため息が、出ました。電話だけで心が、つながらない、何を信じて、どう愛されているのか!?結婚するまで、何年かかるのか!?もし普通の恋人同士の様な関係だった、素直にあの方の言う通り、何時までも、何の疑いも無く、待つ事が、出来たのに!圭子は、ベットに横たわり決心した事は、「承諾て、何を!?」ファイナル アンサーを!!
by 麻里圭子 (2007-02-13 23:46) 

麻里圭子

その日は、3時間位しか睡眠は、取れませんでした。何故か物覚えの良い
圭子が、福岡に何の仕事で行ったのか、覚えていません。それだけ、自分自身の決断の時の、思い出の方が大きい出来事だったのです。仕事を終え、K社長とお食事を夜遅く致しました。しかし何を食べたかも、圭子は、覚えておりません。とにかく、あの事を聞きたい、それだけでした。お食事が、終わり次のクラブに行く道すがら、あの・・・・圭子は、勇気を出して、聞きました。「承諾して欲しい事」とは、どんな事でしょうか!?どんな事でも受け止めますので、教えて頂けませんか!?・・・しばらく無言で、歩きました。しばらくして、反対に質問されました。どうして圭子さんは今聞きたいのですか!?圭子は、言いました。「真実が知りたいのです!」どうして待てないのですか!?この言葉を聴き圭子は、この恋の花びらが散り始めました。
by 麻里圭子 (2007-02-14 22:12) 

麻里圭子

圭子は、どちらかと言えば、恋に恋する女で、また結婚を25歳までに、
したいと思っておりました。22歳まで、青い林檎と言われ、23歳から魔性の女と言われておりました。圭子にとって、3ヶ月~6ヶ月お付き合いをすれば、その方の性格、生活感を、把握出来ますので、次々に恋人を、代えて言った事は、事実でございます。しかしそのお付き合いの、殆どは、
プラトニックラブでしたが、「まあ、良くお相手を変える、不謹慎な女」と云う
レッテルを貼られました。

次の日、福岡から朝飛行機乗り、お昼には家に帰り、考えた事は、圭子自身、K社長を、吹っ切る為には、思い切った別れ方をした方が良いと、思っておりました。しかしきっかけが無く、そのままの状態が暫く続きました。
by 麻里圭子 (2007-02-15 20:13) 

麻里圭子

圭子は、その頃良く、事務所の女の子と一緒に夜中、赤坂のビブロスに行きました。K社長からの24時の電話でのお話しが終った後、そっと家を抜け出し、遊びに行く事を考え付きました。I さんにも、ビブロスで、偶然にお逢いした事も有りました。I さんは、お友達には、本当に恵まれておりました。お坊ちゃまの特権、有名ゴルフ会員でも有り、普通では、中々ビジターでは、予約できない名門コースを取って、華麗なる一族と云う事からか、皆さんから、ある意味、大切にされて居たようです。そんな中、園 まりさんの
高校時代の同級生のヨッコさんと圭子は、お友達になりました。ヨッコさんは、モデルのお仕事をしておりました。後輩に、菅原文太さんのモデル時代ヨッコさんは、文ちゃんと、言っておりました。そのヨッコさんから、またまた衝撃的な事を聞いてしまいました。「I さんは、実は!????」えぇ~
by 麻里圭子 (2007-02-16 18:44) 

池森

ええぇ~(((゜д゜;))) の次は~~(泣)か(笑)か!?

φ(.. ) 読んでおりますよ!
by 池森 (2007-02-17 09:04) 

麻里圭子

池森様
コメント有難うございます。
乞うご期待くださいませ!!
またまた波乱万丈「浮いて沈んでまた浮いて」
全て、お話し致します!!
麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-17 14:29) 

麻里圭子

I さんは、結婚していたのです!!誰と!?
何と、赤坂のI さん経営のレストランの美人ママ!!
「どえりゃ~ビックリ!!」?????
圭子は、感が良い方ですが、気が付きませんでした。
知ってしまったI さんの私生活、しかし、圭子は、ショックは、ゼンゼン
感じませんでした。もともと、お友達としては、最高な方と思っておりましたので、良い奥様がいて、良かったとも思いました。
I さんから、電話がかかってきた時、ヨッコさんから、結婚している事をお聞きした事を告げ、何時までも、お幸せに!!もうお逢いする事も無いと思いますが、奥様をお大事に、と言い電話を切ろうとした時、I さんは、言いました。僕、離婚しますから、僕とお付き合いしてください!!ハィ~!??
by 麻里圭子 (2007-02-17 20:09) 

麻里圭子

I さん、チョット待ってください!!・・・・先日、貴方様は、週刊誌を見て、(青年実業家と婚約へ!)おめでとうと、圭子に言ってくださいました。 そして、貴方様は、結婚をしていた。ここから先は、結果的には、人を傷付ける事に成ると思いますが!?しばらく、I さんと圭子は、受話器を持ち無言で、いた覚えが、微かに記憶に、あります。どちらが話し始めたかは、覚えておりませんが、I さんは、圭子が、現れなくても、今の奥様とは、離婚するつもりでいました。ただ、言える事は、圭子さんに、逢った事で、少しだけ、離婚が、早くなったと云う事です!!・・・・圭子も、K社長とI さんとの交際を、このまま続ける事は、不謹慎な、事なので、少し考えさせてください!!「御願い致します」とその日は電話を切りました。「生きるべきか!?死ぬべきか!?」歌の文句に「あなたならどうする!?」教えて~!
by 麻里圭子 (2007-02-18 19:56) 

麻里圭子

愛は誤解から始まる、この言葉が、理解出来て居れば、離婚をする方は、
少なくなると思いますが、二者択一を結果的には、何時も側に居てくれる
また、遊びの達人、カッコ良く、洗練されたシティーボーイを選んで、しまいました。もし、今ならば迷わず、実力が有る、青年実業家Kさんを選んだとおもいますが、12月の初めI さんが、正式に離婚した事を知らされ、圭子は、決断致しました。もう戻る事が、出来ない様、K社長の(24時の電話に)I さんに、出て頂く事を考えておりました。もう絶対に後戻り出来ない、
これが、麻里圭子の行き方なのかも知れません!!まだ何も起こって居ないのに、電話のベルが、24時近くなり始めました!!しばらく、圭子も、I さんも電話を見つめておりました。I さんは、僕は、出ない方が良いのでは!!もう圭子の気持ちは、決まりましたので、(泪)・・・・つづく
by 麻里圭子 (2007-02-20 01:22) 

キタモトマサヤ

今朝、小学6年生のとき「月影のランデブー」でノックアウトされた麻里圭子さんが私の夢にでてきて、目覚めました。そのことを妻に告げ、そのままパソコンで検索してみたら、このブログにたどり着きました。「月影のランデブー」や「裸足のままで」のシングルや「フォークソングを歌う」や「プティ・マミ」のレコード(CDではないです)を今でも時々聴いています。まるで、連続ドラマを見るようにハラハラしながら読ませていただきました。また、現在もご活躍でウレシク思いました。続きを楽しみにしております。
by キタモトマサヤ (2007-02-20 12:53) 

麻里圭子

キタモトマサヤ様 始めまして、夢に見て頂くなんて、圭子嬉しいです。
圭子自身去年の1月まで、全くネット上の麻里圭子で検索出来る事さえ知れませんでした。またパソコンも全く触った事もなく、弟に見せられ、自分自身の事が、沢山のブログで紹介されていました。それから、パソコンを買い
弟に教えてもらい、(30分ぐらい2回)で、行き成り4月から、コメントを書き始めました。最初は、圭子の曲を紹介してくださっている方へのお礼を、
その方のブログに伺いご挨拶から始めました。そして今月の4日から麻里圭子のブログにて、圭子自身の魅惑の秘密に、なぜ芸能界から突然消えたか!?まで、全てお話し致しますので、これからも、お見守りくださいませ。6月にはマミフラワーデザインスクールで、銀座で、花展が有りますので、詳しくまたお知らせ致しますので、是非奥様といらしてくださいね!!
by 麻里圭子 (2007-02-20 15:57) 

延藤

話の流れとは全然関係ないですが、すげー麻里さん。
リンクが飛びますね色んな画像から。ありがとうございます。
写真画像も多く見ていてブログが楽しいです。素晴らしい。

日中、温度差が激しい日がありますが体調に気をつけて
お花の授業頑張ってください。こちらも色んなMiki-Tのデザイン
上げますのでまたご確認お願い致します。
by 延藤 (2007-02-20 19:55) 

麻里圭子

その時の、電話のリーン~ リーン~の音は、今でも圭子の記憶の中に
痛みとなり残っております。何故もっと違う形で、さよならが、言えなかったか!?・・・・とにかく、圭子が受話器を取りI さんに、渡しました。「もしもし」・・・・・しばらくお互いに無言で、しばらくして「貴方どなたですか!?」
受話器の中からK社長の声が、聞こえてきました。「圭子さんに、変わってください!」・・・・I さんから、黙って圭子に、受話器を渡されました。
そして、走り書きで、僕は、今日は、帰ります、2人で、ユックリお話ししてください!!そっとドアを開け帰って行きました。K社長は、「圭子さん、今の人は、誰ですか!?」・・・・・「貴方に、そこまで言われる事は、何も無いと思います!」私たちは、「結納もまだ交わしておりません!!」「貴方にとって、圭子は、何!?」何を信じて貴方を待てば良いのですか!?」つづく
by 麻里圭子 (2007-02-20 20:14) 

麻里圭子

CCP 代表取締役 延藤様
今晩は、始めてお越し頂き有難うございます。
パソコンを始めて1年の若葉マーク、やっとリンクも使える様になりました。
圭子嬉しくて、何処からでもCCPに行ける様に、Miki Tからリンク出来るように致しました。

マミフラワーデザインスクールの登録講師に成る為には、まだインターン28単位残っておりますので、頑張ります!!
新しいデザインのMiki T早く見たいです!!
延藤様もお身体ご自愛くださいませ。
スタッフの皆様にも宜しくお伝えくださいませ。
by 麻里圭子 (2007-02-20 20:52) 

麻里圭子

圭子は、K社長に始めて、疑問を立て続けに、並べ反抗的な、言葉を、
投げかけました。しかしK社長は、その言葉には、答え様ともせず、先日
圭子さんの、叔母様にお話致しました事を、信じて、それまで、このままで
結婚するまで、お互いにお仕事を優先して、なぜ「待てないのでか!?」・・その言葉を聴き、圭子は、K社長に「もう終わりにしましょう!」「圭子は、何も要らない、貴方の秘密を教えて頂き、それを、圭子が、受け止めて、何時も貴方の側にいたい!!」こんな簡単な事が、出来ない恋なんて、お互い幸せになれないと、思います。この恋は、愛に変わる事は、永遠に無いと思います。「もうお逢いする事も、夜の電話も、全て、終わりにしましょう!」貴方様は、ご自分の大切な沢山のビルを、可愛い子供と思い生涯幸せに思い、お暮らしくださいませ!!わたくしは、ただ愛が・・・・つづく
by 麻里圭子 (2007-02-21 21:03) 

麻里圭子

わたくしは、ただ圭子を、確りと受け止めてくださる、貴方様の愛が、欲しかったのです!!K社長は、黙って圭子の言う事を聞いておりました。
「今の私は言える さようなら あ・な・た」・・・・そして圭子から電話は、切りました。    圭子には、K社長からの電話は、それから暫くは、掛かって来ませんでした。しかし、叔母の勤め先には、K社長から電話が、入ったそうです。「圭子さんの本心ですか!?」と叔母に問いただしたそうです。
圭子は、一度決心したら、もう、元には、戻らないと思いますと、お伝えしたそうです。時々六本木ヒルズの夜に、たたずみ、あの青くライトアップされた、昔住んでいた場所に立ち、身が凍る様な静寂(しじま)と、高層ビルを吹き抜ける風、懐かしくもあり、30数年もたって今、言える事は、
花と生き花と散るのもさだめとて降る花びらは新しき夢 麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-22 21:11) 

池森

重てぇなぁ…。(-.-;) 自分のような小僧がそう感じるのだから、麻里様のリアルタイム世代の方々には、その場のような脳内劇場でしょうね…!?
人生の少し先を看破してきたmonologueにヤラレますね…。
by 池森 (2007-02-23 01:15) 

麻里圭子

池森様
お話しが、重すぎますか!?
圭子は、今、時々真昼の道すがら、昔を偲び沢山恋が出来て良かったと
思っております。でも圭子は、さよならを、自分から言えましたので、
別れた後の、辛さや、悲しみは、余り味わった事は無く、むしろ爽やかに
次の恋に向かってまた、輝きそして季節が終わり恋の花は、散り・・・・
もっと沢山の恋、愛の想い出を、創れば良かったと思っております。
今日からのお話しは、綺麗な湖だと思い、湖に入った途端、そこは、泥沼
だった!!でも、蓮の花は、泥の中でも、清く、美しく咲く・・・・
どうぞ、お楽しみに!!圭子が、好きな言葉
「降る花びらは新しき夢」           麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-23 14:03) 

麻里圭子

このさようならの日から、I さんとは、お互いのお仕事の合い間を見ては、
良く、デートをする様になって、おりました。彼は、食通で、当時の流行っている、お店を順番に、圭子を連れて行ってくれました。夜中は、素敵な大人のムードあるクラブ、長身で小柄な圭子は、ダンスをする時、彼の顔を見るのに、首が痛くなった事を良く覚えております。自由で、爽やかで、とても、毎日が、楽しくこのまま何時までも一緒に居たいと思いましたが、不思議な事に、圭子は、この方を、結婚相手とは、一度も考える事が、無かったのです。どうしてでしょうか!?・・今考えても何か、お坊ちゃまとは、結婚生活は、難しいかも!?何となく忍び寄る幸せの中に潜む不幸を予感していたのかも知れません!!しかし、危ないと分かっていても、危ない方向に向かって歩く圭子、その暮れに突然、彼の銀座のクラブは倒産致しました。
by 麻里圭子 (2007-02-23 22:20) 

麻里圭子

しかしI さんは、銀座のクラブが、倒産しても、別に困った様子も無く、
四谷のマンションを借り一人暮らしを始めておりました。どうして、お店が、
駄目になってしまったか!?お友達のヨッコさんから、教えて頂きました。
赤坂のレストランは、奥様の経営が、お上手で、繁盛していたので、銀座に
クラブを出せたのです。離婚をして、奥様が、赤坂のレストランを、I さんが、
銀座のクラブに、分けた処、直ぐに潰れてしまったそうです!I さんの、お母様が、生活費を出していたのか、その後も、ゴルフ三昧、麻雀、忘年会、優雅に過ごしておりました。そんな時、圭子ちゃん、お正月は、何処に行くの!?とI さんに聞かれました。s46年のお正月は、7日までお休みです。3日から熱海に行かない!?温泉で、お正月を美味しいお料理で、良いと思うよ!叔母さんと、一緒でも良い!?彼は、えぇえぇ!?と驚いて・・・・
by 麻里圭子 (2007-02-24 19:54) 

麻里圭子

圭子は、母を13歳で亡くしておりますので、母の妹で、独身の叔母は、
圭子の相談相手でもあり、六本木のアパートのお掃除に、週 2回訪れておりました。毎年お正月は、一緒に過ごしておりましたので、叔母を残して、
旅行は、出来ません!!と言いましたら、それでは、ご一緒にどうぞと、
お誘いをお受けいたしました。

しかし、叔母は仕事初めが、5日から在り4日には、東京に帰らなくては、
いけないと云う事、この事はI さんに黙っておりました。もしかしたら、圭子も
叔母と東京に一緒に帰るかも!?・・・・・
とにかく、明けてs46年の1月3日に、世にも不思議な3人の旅は、東京から熱海に彼の車に乗り、運命の時を迎え様としておりました!!つづく
by 麻里圭子 (2007-02-25 15:10) 

麻里圭子

旅館に着き、先ずは、温泉にゆったりと浸かり、叔母は、心配しながらも、
彼の事は、気に入った様でした。珍しくお部屋には、コタツが在り、そのお部屋で、お食事を致しました。何となく変な関係の3人ですが、昔から一緒に居た、家族の様な、それぞれの想い出となっております。その日は、
3人一緒に枕を並べて、「おやすみなさい」・・・・・・
朝を迎え、朝食を食べている時、叔母が、言いました。「圭子は、今日は、帰るの!?」・・・・・暫く考えて、「圭子は、I さんとこの旅館に残ります。」
叔母は、少し寂しそうな顔を致しましたが「そうね!ユックリ温泉を楽しんで」と言い、お昼過ぎに、2人で駅まで送って行きました。I さんは、新幹線の切符を買い叔母に手渡しました。「有難うございました。」叔母は、振り向かず改札口から消えて行きました。それから暫くドライブをして・・・・・
by 麻里圭子 (2007-02-25 19:59) 

麻里圭子

そして、つい先程まで3人で居た、お部屋に戻り、お庭を見ながら、日本茶を圭子が、まるで妻であるかの様に用意し夕方を迎えるまで、雑談をしておりました。いよいよ2人きりの、晩餐が始まろうと、しておりました。
また、この恋は、刹那に始まろうとしておりました。21世紀になり、結婚と云う形に囚われず自由な形で、同姓生活を送っている、カップルは、沢山いらっしゃると思いますが、当時は、とても稀有な形の恋愛だったと思います。そして、夕食の後の事は、圭子、とてもコメント出来ませんので、短歌を、詠みます。

乱るるは夢の後先ゆくえ見ず茜(あかね)に染まり風は行き来る 
麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-26 14:19) 

池森

ポッ(//▽//)
by 池森 (2007-02-27 09:26) 

麻里圭子

池森様
圭子も(//▽//)・・・・・

昼メロは、まだ続きます!!

麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-27 14:27) 

麻里圭子

朝まだきまばゆき松の葉は香り梅の蕾の春は何処に

圭子は、朝早く目覚めました。松の木の香りが、気持ち良く、一人庭を見ておりました。何故か、この方と一緒に居たいと云う、気持ちが強くなっている事を感じておりました。

君が知る一途な愛は青に散り虞美人草は気高さをまし

麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-27 22:37) 

麻里圭子

思えば19歳の時から、芸能界に入りそれから、無我夢中で、事務所の
敷いてくれたレールに乗り、走り続けた圭子が、4年ぶりに我を取戻せた
時でも有りました。こんな静寂な時間が・・・・これが、本当の幸せなのかも!この時間が、長く続いてくれたら、どんなに幸せか!!
しかし、後一日だけの休日・・・・・ 
時間よ 止まれ!!

限りなく密なる時に身を任せ恋より深い愛は溶けゆく

麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-28 15:01) 

麻里圭子

最後の休日は、何処にも行かず子猫が、甘える様に、圭子は、彼の側に
幸せの行方も見ず、限りなく女の一番美しい季節(とき)を捧げておりました。

萌えて萌えワインほのかにかぐわしく気高くも散る陶酔の華

麻里圭子
by 麻里圭子 (2007-02-28 21:16) 

chat_batman@yahoo.com

Hey Fantastic I always love seeing my name too
by chat_batman@yahoo.com (2011-11-09 11:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 459

この記事のトラックバックURL: